2019年3月25日

フォト・ヨドバシのPanasonic LUMIX DC-S1Rレビュー

Panasonic LUMIX DC-S1R

カメラ専門のサイトとは、また違った切り口でのレビューですね。(いい意味で)悪魔のように機器を推薦してくるというお話が多いヨドバシカメラのサイトさまならではです。

レンズと共に、どの様な写真が撮影出来るのかを、大きな画像でこれでもかと見せてくれます。まるでこのカメラだと、こういった写真を簡単に撮影出来そうだと錯覚してしまいそうです。

もちろん量販店ですので、表現には気を使っているでしょうし、ユーザー目線のレビューというのも難しいかもしれませんが、新鮮な記事でした。

投稿者 shannon : 12:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:ハードウェア

2019年3月21日

2019年3月20日の、中野通りの桜

東京の桜の開花予報は、明日3月21日だそうです。今日は特に暖かく、外に出るときに上着がいらないくらいでした。中野通りの桜を見てみました。

2019年3月20日の、中野通りの桜

太陽がよく当たっている、中野サンプラザの近くの桜を見てみましたが、まだ目立ったものはありませんでした。

信号を渡って反対側に行ってみると、こちら側の方が、つぼみが大きくなっている桜が目立ちました。中には色がはっきりと見えるものもありました。

2019年3月20日の、中野通りの桜

ですが、全般的に、まだ目立っていません。

中野の桜は、もう少し先になりそうです。

投稿者 shannon : 21:30 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区地域情報

2019年3月15日

2019年3月15日の、中野通りの桜

ここのところの天気は、雨が降り、そして暖かくなりというのを繰り返しています。だんだんと、春が近づくのを感じます。早くも桜の開花予報が出ていて、東京は21日のとのことでした。

中野通りの桜の様子を見てみました。

2019年3月15日の、中野通りの桜

ざっとみたのですが、この日は天気が良く、お昼だったため日差しも強く、よくわかりません。

歩道に飛び出している枝で、見やすいところを探してみました。

2019年3月15日の、中野通りの桜(拡大)

ややつぼみが膨らんでいて、少し緑がかっています。これを見る限り、中野通りの桜は申し越し時間がかかりそう。

とはいえ、これから天気が続けば一気に咲き始めるかもしれません。また、通りの上の方が気になる季節がやってきました。

投稿者 shannon : 22:30 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区地域情報

Apple Music、歌詞検索を日本でも提供開始

Apple Musicの歌詞検索、日本でも 「彼女にすればどうにでもなるし」検索で「Shangri-La」(ITmediaニュース)

逆引きで歌詞から歌を検索できる機能が実装されたとのこと。鼻歌を歌ったりなどということもあったと記憶していますが、こちらは正式なものです。

記事で紹介されている画像には、楽曲が収められたアルバムやベスト盤らしきものが表示されます。一覧がわかるので親切ですね。

また、他の参考画像では、カバー曲が表示されているところも紹介されていました。これは、ちょっとトレンド過ぎる内容ですが、まさに参考としたいユーザーもたくさんいらっしゃると思われます。こういった使い方も出来るということで、タイムリーな例になってしまっています。

投稿者 shannon : 12:15 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2019年3月13日

らーめんKaeruのらーめん、生玉子

らーめんKaeru

JR中野駅北口のラーメン店、カエルでラーメンを食べました。

中野でラーメン二郎系のガツンとしたいっぱいを食べられる貴重なお店です。トッピングも準じており、野菜やニンニクなどがあります。ですが、今回はあえてラーメン本体には何も加えませんでした。

その代わりに、生玉子をお願いしました。カエルでは、生玉子は別の容器で提供されます。麺の太さは2種類、太麺と細麺が選べます。食券を渡すときに店員さんが訪ねてくれますので、太麺をお願いしました。

らーめんKaeruのらーめん

いつもはタマネギや脂をトッピングするので、ノーマル状態は久しぶりです。出された一杯を見たとき、いつもと同じような、少し違うような不思議な感じがします。

食べてみると、久しぶりのデフォルトのカエルのらーめんは、すっきりした感じでした。スープは脂を含んでおらず、いわゆる乳化はしていません。醤油だれが効いていて、さらっとした脂が軽快な感じ。その代わり、麺の太さとごわっとした歯ざわりとのど越しが際立ちます。

食べ慣れているからかもしれませんが、トッピングをしないとあっさりと感じます。麺はもっちりとしていますが、スープがあっさりとしているのです。さらにシャキッとしたもやしとキャベツから水分が出てきて、さらに軽さを加えます。

らーめんKaeruのらーめん、生玉子

ある程度食べ進めたところで、いよいよ生玉子の出番です。お鉢に溶いて、すき焼き風にいただくのです。

黄身の濃厚さを強く感じます。玉子が少なくなってきたら、まずはちょっぴり黒コショウを加えます。二口ほど食べたら、今度は一味唐辛子を加えて味を変えながらいただきました。

食べやすい、ベーシックなカエルのラーメンもよいものです。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00-15:00、17:30-21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

投稿者 shannon : 22:28 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区のラーメン

2019年3月12日

中野駅北口のレストラン、らんぐさむが閉店

JR中野駅北口にある、レストランのらんぐさむが閉店していました。既に、外観が取り壊されていました。今日、気がつきました。

らんぐさむが閉店

いろいろな飲食店がある中野駅北口で、正統派レストランであったのがらんぐさむです。

壁一面に貼られたコルクの栓がトレードマークでした。ランチでも、スープからメインディッシュ、デザート、ドリンクなどのコースを順番に提供してくれていたお店です。

仕事中で利用することもありました。やっぱりランチで印象に残っているのがビーフシチューでしょうか。パンにも、ライスにもあうお料理でした。今になって告白すると、時々ランチドリンクでビールなどということもしていたお店でした。

らんぐさむが閉店。お知らせのポップ

お店の前の張り紙では、2月20日に閉店したとのこと。お店の前を通りかからなかったとはいえ、今まで気がつきませんでした。

閉店のお知らせを目の当たりにするたび思います。勝手ながら、寂しいものです。

★お店情報:東京都中野区中野5-56-15


投稿者 shannon : 23:19 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:中野区のグルメ

2019年3月 6日

パナソニックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1」レビュー

ついに来た! パナソニックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1」で4K動画を撮る(デジカメWatch)

カメラの世界は奥深い。目に留まった記事を拝見して勉強しています。ただ、カメラもパソコンと同じで、基本的には大きさと性能はトレードオフになっていると認識しています。どこで折り合いをつけるかですね。

パナソニックのカメラとしては、いろいろなレンズが使えるようになったこと。ボディの大きさ。使い勝手などが紹介されています。

デジカメのレビューなのに動画の際のフォーカスなどが取り上げられているのが不思議ですが、素人目にはとても綺麗な映像が撮れています。プロ用に使える規格も使えるとのこと。なかなか機材として購入するときの選択肢には上がりにくいですが、覚えておこうと思います。

投稿者 shannon : 12:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:ハードウェア

2019年3月 4日

アマゾンがDashボタンの販売を終了する件

アマゾン、Dashボタンの販売を終了(Impress Watch)

見出しを拝見したとき、結構早かったな、という印象を持ちました。しかし、本文を読んで印象が変わりました。2016年12月から販売をしていたとのことです。そんな前から?と時間が経つスピードに驚きました。

AIスピーカーの登場や進化。ユーザーの意識の変化など、いくつかの要因が考えられます。ですが、全世界で展開をして、一定の知見を得て、当然収益も上がっていた(と考えられる)ものをスパッと終わりにするというところに、会社のスピード感を感じました。

入り口として自社のAIスピーカーが役割を持っているのであれば、他社はやり方を変える必要がありますね。

投稿者 shannon : 12:10 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:メモ

2019年2月27日

ドライブレコーダー向け高耐久microSD

「いざというとき録れてない」を防ぐドライブレコーダー向け高耐久microSD 東芝メモリが開発(ITmedia PC USER)

実際に売り場で持て驚きました。ドライブレコーダー向けのSDカードが売っているのですね。秋葉原の裏通りにある、メモリなどが安く売っているショップで見ました。他の物と比べて、少し高めでしたが、なるほど確かにと思いました。

夏は暑くといいますか、人が乗っていないときには灼熱になる車内。反対に、冬は極寒になります。人が乗っていようと乗っていなかろうと、カードは常に刺しっぱなしですから過酷な環境に置かれています。

そして、繰り返し書き込みがされます。解像度の高い動画がずっと記録されるのですから、その意味でも過酷です。

実際に普通のメモリーカードと比較してどうなのかは、正直わかりません。ですがメーカーを信じるのであれば、選択肢に上がってきますね。

投稿者 shannon : 12:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:ハードウェア

2019年2月20日

存在しない人物の画像を生成できるサービス

この世界に存在しない人物の画像をワンタッチで簡単に生成できる「This person does not exist」(GIGAZINE)

人物の画像は、なかなかやっかいです。最近ですと、自らフリー素材を名乗っていろいろな写真を公開し、つかってもらう方もいらっしゃいます。ですが、いつも利用させてもらうわけにも行きません。

肖像権という権利があり、これに様々な権利がくっついてきます。仕事の範疇では、人の写真を直接販売したりということはまずないので、その点は楽ですが、気をつけなければいけないこともあります。

ですから、GIGAZINEで紹介されたこのサービスを見たときには驚きました。記事では多少ツッコミもされていますが、よく見なければ(?)気になりません。十分実用に耐えると感じました。

ポートレイトだけではなく動きのある画像なども、そのうちに簡単に生成できるようになるかもしれませんね。

投稿者 shannon : 12:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリー:テクニカル